top of page

祈りの継承

五百羅漢修復

修復家・長井志の五百羅漢修復仕事を伝

 

■修復を記録した千代田路子の写真

 修復家の言葉を伝える松山瑞樹のインタビュー映像

 長井武志の講演会で構成する「五百羅漢修復 祈りの継承」企画展

   2021年12月21日〜26日 日本カメラ財団JCIIクラブ25ギャラリーで企画展開催

 2022年4月8日〜7月31日 天恩山五百羅漢寺で展示

 

■千代田路子写真集「五百羅漢修復 の継」発刊

羅漢像と修復家が共有するもの ― の緊な関係

400年前、江仏師・松雲元慶彫刻し五百羅漢像。

風雪に耐え歴史痕跡を残す特な美もつ。

の像を後世に伝えようとする人々願いを受け、修復長井
姿に打たれた写家・千代田子がその工程を写真で、

松山瑞樹が修復家の言葉をインタビュー映像で伝える。

    2022年4月8日−7月31日

2021年12月25日

2021年12月21日―26

2021年12月20日

2021年12月1日

クラウドファンディング プロジェクト 公開

2021年11月22日            「五百羅漢修復 祈り継承」サイト 公開

ニュース
850_4476-3.jpeg
850_4476-3.jpeg

修復家

長井武志

東京藝術大学・大学院 美術研究科(保存修復技術・彫刻専攻)修了。研究生、非常勤 助手を経て(株)東京文化財修復所設立に参加。その後、(有)古文化財保存修復研究所を設立、代表を務める。指定文化財(仏像・民俗資料等)を含む300体を超える修復に携わる。平成14年、目黒五百羅漢寺蔵 普賢菩薩像の修復を皮切りに、令和2(2020年)年までに40体の羅漢像等の修復を行う。

長井武志

現在私たちが寺院や博物館で目にする仏像は、実は過去に幾度かの修理を受けて現在にいたっています。

仏像の修理は「尊い信仰心」をもった人々が同じ想いを後の人々にも継承したいと考えた証しでもあります。

仏像はいろいろな素材で造られていますが、そのどれも時代の経過とともに傷んでいくという宿命も併せ持

っています。仏像の修復は制作した仏師の考えを尊重し敬意を払うことが大切なんです。私は、この五百羅

漢像を発願・制作・完成まで成しえた松雲元慶師の偉業を次の世代の人々に手渡すことを使命としています。

修復家
写真家
千代田路子

写真家

千代田路子

大学でグラフィックデザインを専攻、同時に写真を学ぶ。グラ

フィックデザイナーとして勤務した後、光学メーカーの広報宣

伝部門への転職を機に本格的に写真による作品づくりを始める。

個展やグループ展に多数参加、2014年からは国内のみならず海

外で作品発表に取り組み、海外の美術館、財団で作品がコレク

ションされた。

修復を待つ五百羅漢の姿を見た時に、圧倒的な存在感と美しさに魅了された。仏像の体に残された数々の時の痕跡。傷つき変容するその姿をなぜ美しいと感じるのか。私は五百羅漢と、そして羅漢を後世に残す修復家長井武志氏の仕事を写真で残したいと思った。

映像作家

松山瑞樹

福島県福島市出身。独学で写真を学び、営業写真を経てフリーランスフォトグラファーとして活動。東日本大震災被災後、福島を離れ現在は会社員として光学メーカーにて技術マーケティング及び技術評価を担当。写真制作に加え、近年では映像制作に取り組む。『たった一人でも良い。発想の触媒となる写真・映像作り』をテーマに制作活動を進行中。

松山瑞樹

木曽に行きました。仏像修復に用いられる檜は木曽の山林で長い年月をかけて大切に育てられてきました。樹齢300年を超す木曾檜を前にすると、そこに関わる人々が後世に伝えるために大切にしてきた「想い」が伝わってきました。修復される羅漢像、写真、映像。方法は異なれど、人々の想いを伝えることになんら変わりはありません。伝えるべき事柄を後世に伝えるために映像制作に臨みました。

映像作家

 information 

五百羅漢修復 継承展・天恩山五百羅漢寺で開催(終了しました)